『バイク』.bmp 
ベスパ PX200 タイヤ交換のご予約をいただき入庫致しました

DSCN1592.JPG

それでは早速リアホイルを外していきましょう
DSCN1602_1.JPG  DSCN1603.JPG
ホイルがオイルで汚れていますね
エンジンにもかなりのオイル汚れ
そしてホイルセンターのスプラインも摩耗がありガタが出はじめています
DSCN1655.JPG

という事で予定変更!

オイル漏れ修理、スプライン摩耗の為ブレーキドラム交換
そしてタイヤ交換です

それであればと気になるところをお聞きしたところ、Fブレーキの鳴き
その他も色々ご用命頂きました

まずは一番手のかかるオイル漏れの修理に入りたいと思います

今回のオイル漏れ、どうやら上の方から
これはミッションオイルではありませんね

分離給油で供給される2サイクルエンジンオイルが漏れてきてるようです

実はPXではよく見かけるこのオイル漏れ
新車時に処置を行う事で防げますが、この車両はその処置がされていないようです

まずは分解分解
DSCN1593.JPG  DSCN1601.JPG  DSCN1604.JPG
DSCN1607.JPG

やはり!
ここまで分解すると、過去の流れが見えてきますね
この車両過去に分解歴有り、しかもオイル漏れも修理したかったようですね
このガスケットに多くの液体ガスケットを使用
極薄く塗布するのは良いですが、多く塗布する事は好ましくありません
2サイクルエンジンオイルの油路をふさいでしまう可能性が有り、大変危険です

それではなぜ漏れるのか、どの様に修理するのか
ご紹介してまいります

こちらの画像をご覧ください
DSCN1613.JPG  DSCN1614.JPG
接合面が荒れ、片方はフライスの当たりが完全に深くえぐれているところが有ります

キャブレター、オイルポンプも同様でした
DSCN1618.JPG  DSCN1640.JPG

これではオイルが漏れて当たり前

キャブレター、オイルポンプ、インテークポートまでの全ての接合部を研磨して
平面をだしていきます
この作業かなり重要になります
ご心配な方は是非当店にお任せください

DSCN1617.JPG

DSCN1644.JPG

オイルポンプチェックバルブの作動確認も忘れずに
DSCN1622.JPG

ここまで分解したら、キャブレターもオーバーホール
DSCN1633.JPG

後は新品のガスケットに交換し、丁寧に組み立てていきます

DSCN1635.JPG

そして絶対に、絶対に忘れてはいけない、2サイクルエンジンオイルのオイルポンプエア抜きと
キャブレターへの吐出確認です
混合ガソリンをキャブへ送り、オイルポンプ全開、キャブはアイドリング開度
そのままエンジンを始動し、キャブのオイルポートでと吐出確認とエア抜け確認をします

DSCN1632.JPG  DSCN1631.JPG

キャブレターへの吐出を確認できたと同時に、工場は真っ白に
これもオイルが吐出している証です

それでは次にホイルスプラインのガタつき
これはドラムハブを交換で対応します。

もちろんですがガタは治まり、タイヤ交換に移行します

DSCN1652.JPG  DSCN1655.JPG
DSCN1654.JPG

この修理も実はPXでは非常に多く
スプラインにガタのあるまま走行すると、ある時突然スプラインの山が全てなくなり
走行不能、シャフトの山もダメにしてしまったばあい、ミッション分解になりますのでご注意ください

ここまでくれば、残りはどんどん進めます
リアタイヤとチューブを交換
DSCN1658.JPG

DSCN1660_1.JPG  DSCN1662.JPG
DSCN1663.JPG

フロントタイヤも交換し、ブレーキパット面取り
ブレーキフルード交換

最後にご依頼頂きましたゴムパーツを交換し、完成となりました

DSCN1595.JPG  DSCN1671.JPG
DSCN1673.JPG

テストランも行い排気の状態、匂いを確認
オイル漏れも全く無いようです!!

この度はご用命頂き誠にありがとうございました。