『バイク』.bmp 
とてもかわいい真っ赤なベスパ

20151028_145609.jpg

今回のご相談は、クラッチが重い、ギアの入りが悪い
不意にエンジンが止まるとの事

どれもとても乗りづらそうです。。。

まずはテストランをしましたが、クラッチの切れが悪く
本当に何の前触れも無くエンジンストール

これはしっかり見させて頂き、乗りやすい状態にさせて頂きます!

まずは、クラッチとミッションの操作系から確認していきます

今回はメンテナンスも含めてこちらの作業からはじめます
クラッチは、レバーの作動部分とワイヤーの確認と給油
ミッションはハンドルパイプの作動部分とワイヤーの確認と給油を
行っていきます

20151016_163753.jpg  20151016_160411.jpg  20151016_174427.jpg

状態がさほど悪くないので通常のメンテナンスを行い次のステップです

こちらもメンテナンスと点検の為、ミッションオイルの交換です

当店では世界中で信頼されるモチュールの
湿式クラッチ対応ミッションオイルを使用します

20151016_184406.jpg  20151016_184410.jpg

多少の汚れは有りますが、こちらも特に問題無し

こうなりますと、クラッチ自体の確認が必要です

今回乗った感じである程度想定はしていましたが、ここまで点検をして確信している事
この車両、強化クラッチに交換されていると思われます

では分解して確認しましょう

リア周りを分解してその奥に有るクラッチを、専用工具を使って外していきます

20151019_165430.jpg  20151019_171502.jpg  20151019_171731.jpg
20151019_171835.jpg  20151019_172252.jpg

やはり4枚の強化クラッチです
80cc以上に排気量を上げた場合には確かに4枚が必要ですが、それ以下の排気量変更で
鎌倉市街地のみ走行の今回のお客様には、ほとんど必要有りません
4枚式はバリ取りやひずみ取りをいくら行っても、クラッチ切れは悪く
ギア操作が非常に悪くなります
しかしながら強化スプリングはそのままにし、最低限のクラッチ滑りを防いでおくのが
今回のベストバランスと考え、3枚クラッチに交換、強化スプリングは現状としました

20151026_141041.jpg

新品クラッチが到着しましたが、このまま組むのは厳禁!
しっかり要点を押さえたバリ取り、ひずみの確認
アウターやインナーのクラッチストローク部分の段付き修正など
色々な所を確認、修正して組み立てなくては、ベスパのクラッチは
切れも、つながりも、満足の状態にはなりません
そこは当店にお任せ下さい!!

20151026_141131.jpg  20151026_141210.jpg  20151025_183626.jpg
20151025_183644.jpg  20151025_183655.jpg  20151026_142440.jpg
クラッチをしっかり組み立て
ホイルを外したついでにゴムが劣化していたタイヤも新品へ交換!

いよいよテストラン!
20151026_154219.jpg
クラッチもスパっと切れて、ミッションもカッチリ入り、ニュートラルに戻すのもスコンっと入ります
(完全停車時、かたい時も有りますが、これはベスパの特性、1歩2歩足で進んで操作すればスコン!です!!)

快適に走行していましたが、リアブレーキをかけるとエンジンストール。。。
あっ あれか。。。
原因はすぐに予想出来ます。
工場に戻ろうと、今度はフロントブレーキだけでゆっくり停車、少しアイドリングはしますが
またもストール。。。
おや。。。あれだけでは無い様です。。。
調子良くアイドリングしている時も有るので、エンジンやキャブは問題無い様子
キルスイッチを作動させた様に止まるので、点火不良をメインに疑っています

工場に戻ってまず1番にブレーキランプの確認
おや?切れてない
ベスパは回路上ブレーキランプが切れていると、リアブレーキを踏んだ時エンジンが止まります

20151030_103213.jpg

念の為バルブのW数を確認
12V21W
これではだめです、抵抗が大きすぎて、点火不良を起こします
バルブを交換して、ブレーキ作動時のエンジンストールは解決です

ではアイドリング中の突然のストールは何でしょう?
これも予想が出来ています
まずはその確認の為、火花の確認です。

20151028_124616.jpg

プラグをアースして確認、毎回確実に点火しています!
が!この火花が圧縮空気の中で毎回飛んでいるかは実は分からないんです!

そこでスパークチェッカーを使い、ある程度のキャップで火花が飛ぶかを確認します

20151026_213847.jpg

やはり予想通り、火花の強さが全く安定していません


20151028_133100.jpg  20151028_133227.jpg
ポイント式のこちらの車両、
ポイント、コンデンサ、チャージコイルなどを確認しますが
今回は、ポイントを清掃し点火時期をある程度確認したら

こちらの点検に移行します
まずは回路をこう組みかえます
わかる方には、あーなるほど!っと思って頂けると思いますが
ブレーキ回路をキャンセルします

20151028_125524.jpg  20151028_123726.jpg

そこで火花の再確認を行いますが、とても安定し、エンジンも止まりません
ついでに点火時期もしっかり確認しますが問題無し!

こうなると原因は極小スポットに絞られます

これです!
ブレーキスイッチ
その内部の
これです!!
かなり汚れていますので、ここで確定とし
スイッチをオーバーホール
ブレーキスイッチ側、ブレーキバルブ側、両方の接点抵抗が大きくなると点火不良を起こします

20151028_125535.jpg  20151028_130002.jpg

組み立てを行い、エンジン始動

力強く、安定した火花、アイドリングも安定していますので
再度テストラン!

強化クラッチスプリングで少し重さは気になりますが、ギアの入りが良いので
前ほどは気にならないと思います
そしてストールする事無く安定したアイドリング

これでお客様も安心してお乗りいただけますね

この度はご用命頂き誠にありがとうございました
何か有りましたら何でもご相談下さい