『バイク』.bmp 
イタリアのモペット、ピアジオ bravo ブラボーの点検と修理です

DSC_2339_1.JPG

鎌倉にはモペットが本当に多いいです
道も狭く、渋滞も多い、そこに坂道も
そこで大活躍なのがモペットですね

実用的にも、雰囲気も鎌倉、逗子、葉山などの湘南地域に最適です!

今回ご依頼頂いたのは、ピアジオモペットの上級機種ブラボーです
内容はエンジン始動が出来ないとの事

それではまずはペダルを作動させ、始動を試みます
どうやらペダルの駆動をエンジンに伝達出来ていない様です

大変特殊な始動構造のピアジオモペット
適切な点検と修理が必要です

まずはベルト
幅、長さ共に規格の違う物が装着されていますね
まずはこちらを交換

DSCN1831.JPG  DSCN1832.JPG

再度ペダリングしましたが、今度はスタータークラッチが滑ってしまいます
一部が剥離しています
スタータークラッチを交換

DSCN1833.JPG  DSCN1835.JPG

再度クランキング
今度はクランキングしましたが、まだ滑ります

スタータークラッチシュー、ハウジングの表面処理
リターンスプリングの調整
※スプリングの調整は安易に行わないでください!取り返しがつかなくなります

DSC_2340.JPG

いよいよエンジンのクランキングはバッチリ
エンジン始動です

始動したのでここでテストラン
問題無さそうですが、しばらく走行後不調が出ました

エアクリーナーを交換し、プラグを確認、キャブレターを清掃
これなら大丈夫!
始動も良好、走りも良好
でしたが。。。。
症状再発。。。。。

これは根本的に燃料関連を全て見直します

そこでタンク内部を給油口から目視点検
問題無さそうですが。。実際は
燃料コックのフィルターには錆びの粉がびっしりでした

DSC_2490~01.jpg

タンクを特殊な溶剤で錆び取りします
その後しっかりとすすぎを行い、しっかり乾燥させます

DSCN1829.JPG  DSCN1830.JPG

キャブレターも再度オーバーホールします

DSCN1819.JPG  DSCN1820.JPG

フロートチャンバーには錆び粉がかなり沈殿しています
これを吸い上げた時に不調が発生していた様ですね

DSCN1823.JPG  DSCN1824.JPG

ガスケットはもちろん新品に交換
コックは新品が入手出来ましたが、キャブレターの中のフィルターが入手不可
以前どこかでされた作業で、変形しており再利用不可

DSCN1827.JPG

そこでこのフィルターは外して、燃料ホース中間にフィルターを増設
燃料コック、燃料ホースも交換します

DSCN1828.JPG

燃料系統は完全にクリーンになり、吸気系もばっちり、点火系もばっちり
始動、そしてテストラン

快適です!パワーもしっかり出ています

DSC_2342.JPG

夕方の人も車も少なくなった海沿いをゆっくりと走る
これがまたモペットでは気持ちが良いんです

この度はご用命頂きありがとうございました。

何か気にるる事が有りましたらお気軽にご連絡下さい