▼MotoVillage (モトビレッジ) lifeの記事一覧

梅雨はゆっくりご自宅でミニカー鑑賞いかがですか?

2017年6月23日
今週末、土曜日は何とか大丈夫そうですが、日曜日から梅雨空が続きそうですね
お出かけ気分も少し落ち着くこんな時期
ゆっくりじっくりミニカー鑑賞もというのも、良いものです

当店でミニカーをお買い求めいただく中で一番多いご要望は
過去お乗りだった車を揃えたいというお客様
特に40代から60代の方が一番多いと思います。

そうなりますと80年代から90年代までの乗用車やスポーツカーが多くご注文を頂きます

本日の入荷はこちら
大変懐かしく思われる方も多いのではないでしょうか

DSC_2822.JPG

DSC_2823.JPG

ミニカーは高級車だけではありません
とても多くの車種がモデル化されています

ミニカーとして存在するか
モトビレッジはそこからお調べいたします

ミニカーを鑑賞していると、まるでその時に返ったように、誰と何処に行ったのか
鮮明に思い出される不思議な感覚を覚えます
その時に同乗されたご友人やご家族と、思い出話に花が咲く
そんな素敵な時間をご提供出来ればとても嬉しく思います

お探しのミニカーがございましたら、梅雨の外出がご面戸な時
メールで車種、年式、お色
それだけ伝えて頂ければ、あとは全てお任せください
お一人お一人、1台1台しっかりとご対応させていただきます

約8万円お得!久しぶりの通常ブログはビッグニュースからスタートです!!

2017年6月11日
約8万円お得!!
何とも驚きのタイトルですよね

トモスクラシックプレミアム
オプション多数の特選中古車入荷予定です!!

まだお客様からお預かり出来ておりませんが
こんなニュースお伝えしないわけにはいきません!!!

※この画像は新車時です、この車両に多数のオプションが付いた状態で販売予定です※
IMG_0607_3.JPG

オイルタンクが別体、オイルを混合する手間の無い
トモスクラシックの最上級機種
トモスクラシックプレミアム

まずはこの車両の新車販売、オプション価格をご案内
車体価格 218000円
車両手配送料 10000円
新車組み立て費用 15000円
オプション
鍵付きヘルメットホルダー 3300円
鍵付きガソリンキャップ 3300円
ステンレスの錆びないホイルスポーク 34200円
リアバスケット 16500円
消費税 24024
合計 300,300円→224,000円

このオプション多数のトモスクラシックプレミアムが76,300円お得
100km以下の低走行距離の極上状態で224,000円で販売予定です!!

なんといっても、湘南地域では錆の発生がしてしまい、磨くのが大変困難なホイルスポーク
これが錆びないステンレスになっているのは、本当におすすめです!!

別途
基本整備 4900円
登録手数料 3500円
消費税 672円
自賠責保険 
1年 7500円
2年 9950円
3年 12340円
4年 14690円
5年 16990円
上記別途費用を合計して頂き乗り出しとなります

確実に早い者勝ちになります!
お電話メールの順番にご案内致します
お問い合わせはこちらへお早めに!!



ひと区切り

2017年6月 6日
ブログの更新を行っていなかったモトビレッジ
長い期間が空きましたが、やっと区切りの日となりました

2代目である父の永眠から49日
本日、四十九日法要と納骨を済ませて参りました

前回の記事掲載後、沢山のお客様に温かいお声を頂きました
父がモトビレッジに居たのは9か月という短い期間だったにもかかわらず
父の事を印象深く覚えていて下さったお客様
東京時代のお客様、父が残した存在の強さを感じました

本日を機に気持ちを入れ替え、通常の更新ペースに戻りたいと思います

父が最後まで乗っていた車
メルセデス、E320TE W124 後期
18881764_1391434697598942_6883043266453052593_n.jpg

この車の前にW124前期を新車で買った時、同時にログハウスを購入しました
私は小学校低学年、もちろん既に車好き
DSC_2410~01~01~01.jpg

運転席に座る兄と、助手席に座る私、沢山の思い出が詰まった家
東京の店を営業していた時は別宅としていましたが、
このログハウスに老後住むと決め、実際に最後までこの家で過ごしました

家を埋め尽くすコレクション、心からミニカーを愛した父でした

15726517_1232577700151310_8404217110382774263_n.jpg  15726539_1232577413484672_8837786440289271873_n.jpg
15726789_1232577613484652_8377288725967977523_n.jpg  15727054_1232588040150276_5280471117633862960_n.jpg
15741137_1232588020150278_2659559245244344634_n.jpg  15747715_1232586233483790_5167701040518998585_n.jpg
15747735_1232577383484675_2659896844998340909_n.jpg  15780695_1232585586817188_3538509337442752480_n.jpg
15780706_1232577293484684_2532684786696351781_n.jpg  15822687_1232588000150280_8132266278922461303_n.jpg
15823537_1232586256817121_5431304510670604944_n.jpg  15825765_1232577586817988_7141577462583744482_n.jpg
15822891_1232577440151336_4826956381918941640_n.jpg

そんな父に育てられた私も気が付けばミニカーが大好き
この魅力を沢山の方に知って頂きたく、モトビレッジを開店しました

父が教えてくれたミニカーの魅力、それを父と同じレベルで伝えられるよう
これからも一生懸命営んで参ります

どうか引き続き宜しくお願い致します

平成29年6月6日
モトビレッジ店主
松村元紀

三代目から二代目についてご報告

2017年4月25日
私で3代目、場所は変われど、もうすぐ70年目を迎える松村の商店

2代目店主であった 父【松村 不二男】71歳
平成29年4月19日
永眠致しました

この様なご報告をこの場で致します事
不適切と思われる方もいらっしゃるかもしれません
しかし2代目、父の時代のお客様へは
この場でしかご報告が出来ない方もおられます
どうかご理解頂けます様お願い致します

モトビレッジは私と、指南役としてサポートしてくれた父、母との3人で開店致しました
その後、己の役目は果たしたと判断した父は
千葉県九十九里の隠居用の家で、穏やかに暮らしていました
闘病、手術は有ったものの、病と向き合い、体調はそれほど悪くはない状態でした

父らしく、沢山のミニカーに囲まれ、母の手料理とお気に入りの珈琲を飲んで過ごした晩に
静かに息を引き取りました

ここで少し、祖父、父、私と続く松村の歴史をお話しさせて頂きます

大連で大きな商売をしていた祖父
戦後 まだ小さな子供だった父も含め家族の命だけを持ち帰り、
東京都文京区で菓子屋を開店しました
DSC_2405.JPG
沢山のお菓子が並び、当時は大勢の子供たちが集まったと聞いています
DSC_2407.JPG
店先に3輪車、モトビレッジではこれがエンジン付きのモペットになっただけですね
DSC_2412.JPG
木造時代の店先に立つ父


父は木造長屋の商店を5階建てのビルへ建替え、町のおもちゃ屋へと進展
まだ大型量販店が無いころは、大変栄えたおもちゃ屋です
時の流れと共に2階売り場は専門的ミニカーショップへ変化し
1階売り場は町のおもちゃ屋として地域に密着していきました
惜しまれながら、平成24年12月16日最後の日を迎えました
11822851963632907458.jpg
父が建てた5階建てのおもちゃ屋、この商店街では最初のビルだったとか
DSC_2414.JPG
建替えから33年、この地では欠かせないおもちゃ屋でした
IMG_1012.JPG
私も共に過ごした閉店セール、本当にたくさんのお客様にご来店頂きました
中には3代にわたってご愛顧いただいたお客様も
IMG_1006.JPG

おもちゃの店マツムラ閉店後の片付けや、後にモトビレッジへ移行する商材のデータベース作り
テナント探し、開店準備を経て平成26年9月14日、モトビレッジオープンとなりました
仕入先引継ぎ、接客、販売方法、仕入れ管理
沢山の事を父、母から学び数か月、上記でも記載した通り、引退、隠居生活となりました
父、母引退後はバイクの仕事も大変多くなり、ミニカー、木のおもちゃ、バイクと
モトビレッジの3本柱が全てうまく回りだし、沢山の良い報告をしていた時の出来事でした
mv001.JPG

場所も商材も変わったかもしれませんが、松村の商店3代目として
父を誇りに思い、今後もお客様に楽しんで頂ける店でいられるよう、
しっかりと運営してまいります

どうか引き続き宜しくお願い致します

モトビレッジ 松村商店3代目
松村 元紀

申し訳ありません
少しの時間ブログの更新はしません
少しの時間面影だけでも残させて下さい


海、快晴、バイク、ボアアップ 最高です!!

2017年4月15日
DSC_2356.JPG

いかがですかこの1枚
今すぐにでもバイクに乗りたくなってしまいますよね!

今日ご紹介するのは、ベスパPX150
2人乗りや高速道路でもう少しパワーが欲しい150cc

今回は180ccに排気量を上げました

完成したお客様に車両をお渡しし、ご帰宅早々
『凄いです!!』『別物になってます!!』
と、大変喜んで頂きました。

それでは作業内容をご紹介していきます



ベスパ PX150 排気量アップの為、ボアアップキットを組みつけました

DSCN1681.JPG

1名乗車の街中では十分な150ですが、2人乗りや高速道路では少し物足りなさを感じますね

すでにマフラーは交換済み、しかしまだもう少しパワーが欲しい!
そこで今回排気量アップのご依頼を頂きました

今回チョイスしたキットはこちら
ポリーニ180ccキット

色々なキットが有る中で、一番実績のある安心のキットではないでしょうか

価格も程よく、そして何よりしっかりパワーが出ます!!

DSCN1685.JPG

DSCN1686.JPG  DSCN1691.JPG

この各ポートの大きさからもかなりの期待が出来ますね

DSCN1692.JPG

それでは早速分解します

サイドカバーを外して、強制空冷カバーを外して
シリンダーヘッドを外して、スタットボルトの突き出しを測定して
スタットボルトを抜き取って、シリンダーを抜きます

DSCN1713.JPG  DSCN1714.JPG
DSCN1716.JPG  DSCN1718.JPG  DSCN1719.JPG

ピストンを外したら、コンロッド小端ベアリングを点検して、大端部のガタも確認しておきます

DSCN1726.JPG

ノーマルとの違いがこちら
この見た目だけでワクワクしますね

DSCN1720.JPG  DSCN1721.JPG
DSCN1722.JPG  DSCN1723.JPG

いよいよボアアップキットを組みますが
その前に!!!

ボアアップキット、入荷した物をそのまま組む事は厳禁です
下処理を行う事がたくさんあります

まずはセル付き、セル無し共通のこのシリンダー
フィンがリングギアにあたります
クリアランスをしっかり見ながら削っていきます
ばっちりですね!

DSCN1743.JPG  DSCN1742.JPG

次にピストンリング合口隙間を確認しておきます
若干狭いので調整
こちらもばっちり

DSCN1693.JPG  DSCN1696.JPG
DSCN1694.JPG

そしてポートの面取りに入ります
ピストンリングがポートを往復する2ストローク
シリンダー下処理の要ともいえます
ピストンリングがこのポートをスムーズに往復する事をイメージして
適切な角度と量で面取りします
ボアアップキットは排気量アップだけではなく、混合気をなるべく吸って、排気をなるべく出す
そのためにポートの数は多いいです
1個1個丁寧に作業します

DSCN1699.JPG  DSCN1698.JPG
DSCN1701.JPG

DSCN1703.JPG


ピストン側もしっかりバリ取りと面取り
全ての処理を丁寧に、丁寧に

DSCN1706.JPG

それでは下処理を行った部品を潤滑しながら組んで行きます
ピストンリング、ピストンピン、ピストンピンクリップを確実に組み付け
スタットボルトにネジロック材も忘れずに

DSCN1728.JPG  DSCN1732.JPG

DSCN1737.JPG  DSCN1738.JPG

組み立ての確認を行ったら始動確認
異音も無く、力強く始動しました


そして忘れてはいけないキャブレターのセッティング
排気量が上がり、更に吸気、排気も多くなり、熱量も上がったこのエンジン
適切な混合気を準備しなくてはいけません

まずはプラグを確認、かなり汚れているので清掃してからセッティングに入ります

DSCN1752.JPG]  DSCN1755.JPG

セッティングの鉄則
濃い燃料量からスタート

DSCN1773.JPG

準備したメインジェットは5個

まずは1回目
走り出してすぐに濃いと判断
引き返しメインジェット交換
サイドカバーを開け、エアクリーナーカバーを外して
エアクリーナーを外して
メインジェットを交換
手慣れた作業をとにかく繰り返す
変えて走る、変えて走る、これが一番です

DSCN1765.JPG  DSCN1766.JPG  DSCN1767.JPG
DSCN1769.JPG

2回目、まだ濃いですね
交換

3回目、良くなりましたがまだ濃い様です
少し長めに走ってプラグを確認
やはり濃い

DSCN1774.JPG


4回目、これはかなり良いです
しっかり回り、音も良い
これで決まりかという事ですが、まだ試します

5回目、これは最高に良い
ピークまで一気に回る感じはとても気持ち良いです
ではこのメインジェットに決定!
ではありません
4回目のジェットに戻します

最新のエンジンは大部分を燃焼させるを事目指して作られていますが
古い設計のバイクはガソリンを一部冷却に使います
燃焼はせず気化熱で冷却を行うために少しだけ濃い目にする事で
焼き付きリスクを抑えます

今後5回目のジェットにする事は考えられますが、しばらく行う慣らし運転
プラグの焼け具合も見ながら、4回目のジェットのまま行くか
5回目のジェットにするか、しっかり様子を見ながら選考します

今回はこんな感じの焼け具合
ほんの少し、ほんの少しだけ濃い目、初期セットアップとしては最良と考えています

DSCN1783.JPG

低速を担うスロージェットも交換し最後の確認テストラン
天気も味方してくれた、最高のセッティング工程となりました

DSC_2356.JPG

この度はご用命頂きありがとうございました。

500kmほど慣らし運転をして頂き、プラグの状態確認させて頂きながら
乗り味など何か気になる点はお気軽にお声掛けください!

その他の作業もご紹介していますので、こちらも是非ご覧ください!!

こちらのPXのオーナー様は、材木座で住宅の設計をなされているお客様
よろしければ是非ご覧ください
http://mstudio.jp/





どんなリペアも、まずはご相談ください

2017年4月 8日
過去にも色々なリペアをご紹介してまいりました

シート張替えや、各塗装、部品の溶接修理

本日はアルミの腐食が進んでしまった部品のリペアについてご紹介です

クリア塗装の下から発生した腐食、いつも目の前に見えるトップブリッジ
とても気になる部品の一つでですね

違いは一目瞭然

DSC_2047~01.jpg

DSC_2048~01.jpg

クリアを剥離し、研磨、その後ヘアライン加工を行い、最後にクリア塗装を行います

今回は若干マッドに仕上げてみました

次にメーターパネルです

DSC_2056~01.jpg

こちらもまずは研磨、ヘアライン加工、次の工程の為にアルマイト処理を行います

アルマイト処理を行い表面処理が完了したところでこちらです

DSC_2051~01.jpg

各インジケータの文字入れ
なんと今回は彫金しました
これで文字が消えてしまう事が有りませんし、万が一消えた場合も墨入れを行うだけで
復活出来ます

DSC_2049~01.jpg

モトビレッジでは色々なリペアを行う事が可能です
バイクの部品を直したい
そんな時はまずお気軽にご相談ください

バイクも車も、気持ちの良い春がやってきます!!

2017年4月 1日
あっという間に4月、春がやってきますね!

モトビレッジのお客様は、皆さまバイクや車が大好きな方ばかり

走る季節として最高なのはやはり春ではないでしょうか!!

鎌倉の海にも気持ちの良い日差しと、山には新緑
本当に良い季節です

4月の営業日カレンダーを掲示しました

大変申し訳ございません、少々ご注意いただく日がございますので
ご確認お願い致します。

火曜日は毎週定休日
水、木曜日はバイク工場のみ稼働日
それ以外は店舗全体営業日ですが
その中で
5日水曜日、終日外出常務の為工場に戻れませんのでご注意下さい
7日金曜日、午前中だけですが外出業務の為、午後1時から営業となります
22日土曜日、こちらは所用により午後5時までの営業となります、誠に申し訳ございません

201704.png

アクセサリーページにもう一人のビルダーをご紹介

2017年3月24日
魅力たっぷりのジオラマケースを制作して頂ける
ジオラマビルダーをご紹介します。
MotoVillageもMotoVillageをオーダーさせて頂き
とても気に入っています!!

DSC_2033.JPG


猪俣健作 ペーパークラフトジオラマ 販売.png
湘南生まれ、湘南在住
趣味で建築模型を作成して来ましたが、ミニカーコレクターなどのご要望により、
展示用の背景模型を作成しています
主なモチーフは、アメリカのレトロなガスステーション、ガレージ、ビーチハウス、レストランなどですが
大切なミニカーが一層引き立つよう、ご要望に応じて色々なシーンの作品をお作りしたいと思います

DSC_2032.JPG

トミカやホットホイール、ジョニーライトニングなど、 約1/64スケール 7センチほどの とっても素敵なかわいいミニカー 
皆様どの様に楽しまれてますか?

そのまま飾っても楽しいミニカーですが、より一層かっこよく、かわいく飾れるジオラマケース

『ちょっと古びたガレージハウス 小さなガソリンスタンド ビーチハウス どれもとても良い雰囲気です。

この3種類は店頭に展示していますが、他にも色々なバージョン
特注にも対応しております!
1/43スケール、1/18スケールもお気軽にご相談ください

店頭展示のジオラマケースにそれぞれにミニカーを入れるとこんな感じに!

20160212_140730.jpg

20160212_140751.jpg  20160212_140951.jpg
20160212_141017.jpg

20160212_141114.jpg 20160212_141057.jpg

20160212_141243.jpg 20160212_141447.jpg
20160212_141308.jpg  20160212_141321.jpg

20160212_141209.jpg  20160212_141536.jpg
20160212_141551.jpg

20160212_151645.jpg

20160212_151743.jpg  20160212_151815.jpg

その他の作品も大変魅力的です!
※以下は店頭展示品ではありません

beach cafe.jpg  LA restaurant.JPG
port motors.jpg  TEXACO.JPG
街角shop.jpg  カ?レーシ? 1 43.JPG

特大江ノ電ジオラマがご近所で展示!!

2017年3月18日
初めての方も!
前回見逃した方も!!
また見たい方も!!!
必見!

以前モトビレッジに展示していた、特大の江ノ電ジオラマが
この3連休、当店から徒歩3分の、
【ギャラリーAKI】さんにて30日まで展示します

本日搬入を済ませ、皆様のお越しをお待ちいたしております

同じ作者の、とてもかわいいB4ジオラマは
モトビレッジに展示してますので、是非こちらもご覧下さい!

DSC_1958.JPG

DSC_1955.JPG

20160325_163302.jpg

20160407_192259.jpg  20160407_192238.jpg
20160407_190001.jpg  20160407_190011.jpg
20160407_190338.jpg  20160407_190843.jpg
20160407_190830.jpg  20160407_191034.jpg
20160407_191113.jpg  20160407_191420_2.JPG
20160407_191714_1.JPG  20160407_190819.jpg

DSC_1959.JPG

DSC_1960.JPG

オートマベスパもしっかり点検

2017年3月11日
比較的ハンドシフトが多いいモトビレッジですが、
オートマベスパもしっかり対応させて頂いております
本日は、2万キロ走行、ここでしっかり点検を、
というご依頼をいただき作業をさせて頂きました。

乗って帰って頂き早々に

『非常に良いバランスと、スムーズさです。バッチリです』

とのご感想頂きました

それでは今回行った作業を紹介させていただきます

その他の作業例も
トップページ---バイク---作業例 と進んで頂くと、各車ご紹介しております
もちろん掲載例以外の車種、作業もこなしております、何かございましたら
お気軽にお問合せください


『バイク』.bmp 
ベスパ GTS250ie 2万キロを超えたという事で、総合的に点検を行います

DSCN1494.JPG

Vベルト駆動の現行ベスパは消耗品の交換時期です
しっかりと分解点検を行っていきます

早速部品の手配が必要なところを先行して分解していきます

まずはスパークプラグ
チャンピオン製のプラグが装着されていますので、おそらく新車から交換歴が無いようです
今回は信頼のNGKで交換を行います
NGKの白金プラグ、中心電極も細く、強い点火が期待できます
DSCN1517.JPG  DSCN1568.JPG
DSCN1571.JPG

次にエアクリーナーエレメント、汚れだけではなく、穴が開いてしまっています
もちろん交換ですね
今回は純正同等品のRMS製を使用、性能は純正同等の部品を数多く作る信頼できるメーカーです
DSCN1534.JPG  DSCN1532.JPG

バッテリーもしっかり診断していきます
診断機を接続し確認、今回は充電後再試験の表示が出たので、まずは充電を行い、もう一度診断
結果は良好でしたので、車両の発電電圧を測定し完了です
バッテリーは突然だめになる事もあるので、できれば一定期間で交換する事をお勧め致します
DSCN1498.JPG  DSC_1930.JPG

それでは今回の重要ポイント、駆動系の点検に入ります
まず今回の車両、アイドリング時の異音が気になります
駆動系からカラカラカリカリと音がします
早速分解
原因はすぐに判明
クラッチシューを抑えるプレートの穴が広がってしまっています

まずはその他の部品も全て確認
DSCN1499.JPG  DSCN1500.JPG
Vベルト駆動部品の点検項目は実は多く、すべての画像を撮っていないので、箇条書きでご紹介
ドライブ側
 ドライブフェイスの摩耗、がた
 プーローフェイスの摩耗
 センターボスの摩耗
 ウェイトローラーの摩耗
 ランププレートの摩耗
 スライドピースの摩耗
 クランクシャフトスプラインの摩耗
 クランクセンターオイルシールの劣化
ドリブン側
 ドリブンフェイスの摩耗
 センタースプリングの自由長
 トルクカムの動き、がた
 トルクカムのグリス量、もれ
クラッチ
 クラッチシューの摩耗
 クラッチスプリングの状態
 クラッチシューの動き、がた
 クラッチハウジングの摩耗、がた
 ドリブンシャフトのスプラインの摩耗
ベルト
 ドライブベルトの摩耗、ひび
それ以外にもイレギュラーな故障も有りますので、かなりしっかりとした知識が必要です

それでは今回行った事はこちら
 消耗品交換のついでにカスタムも楽しまれたいとの事
 そこでチョイスしたのは、マロッシマルチバリエーター、国産ではハイスピードプーリーと表記しますね
 これはウェイトローラーの動き方を、重さ、ローラーの広がる溝の角度など様々な工夫がされ、
 加速、最高速共にフィーリングが向上する部品
 このセットにはクラッチセンタースプリングも付属され、トルクカムの動きも含めトータルでセッティングされているようです
 ウェイトローラーの重さも2種類
 今回は250cc推奨の15gを6個使用
 後のテストランの結果によっては、14g6個や14g3個15g3個なども試してみたいと思います
 DSCN1523.JPG  DSCN1529.JPG
 DSCN1524.JPG
 
 次に消耗品の1番のメイン
 ドライブベルトです
 2万キロ走行、やはりひび割れが始まっています
 このベルトもちろん最悪切れますが、切れた時どうなるか
 当然の事ですが、走行不能になります
 必ず定期的な交換が必要な部品ですね
 今回は上記のカスタムに合わせ、強化ベルトをチョイスしました
 DSCN1525.JPG  DSCN1527.JPG

 それでは今回の問題点、クラッチからの異音を修理していきましょう
 画像を見てお判りでしょうか
 DSCN1505.JPG
 穴が広がり、ピポットピンと隙間が有りますね
 ここがガタつき音が出ています
 この場合、この車種ではクラッチアッセンブリーで交換になり高価な部品代が発生します
 しかしクラッチのシューはまだ残量たっぷり、交換は非常にもったいない
 そこで当店では修理を行います
 DSCN1503.JPG 

 まずは溶接で肉を盛り、摩耗した部分を再生します
 DSCN1506.JPG
 DSCN1510.JPG
 
 そして平面を削って平にします
 DSCN1511.JPG
 
 最後に穴を丸く整え完成です
 DSCN1512.JPG

後は全ての駆動系パーツを確認しながら、正確に組み立てます
 DSCN1531.JPG

そして忘れてはいけない事がもうひとつ
ギアオイルの交換です

エンジンオイルの他に、もう一か所交換が必要なオイルが有る事
ご存じない方は少なくないかもしれません
ここで交換を行っておきます
DSCN1520.JPG  DSCN1521.JPG

今回もちろん、エンジンオイルとオイルフィルターも交換します
DSCN1513.JPG  DSCN1514.JPG

ここまで終わらせ、駆動系のカバーを組み立てひと段落
DSCN1536.JPG

先ほどお話しましたウェイトローラーのセッティングのためここでテストランに出ます
DSCN1581.jpg
結果は
良好です!最高です!
15g6個で全く問題有りません、クラッチミート回転数、変速タイミング
全てにおいてとても気持ち良いセッティングになっています
さすがマロッシ大変よく研究されています
もう少し全体的に回転高めでガンガン行く方は14gも試して良いかと思いますが
今回お客様から、あまり激しくない感じの仕上げをご依頼頂いていますので
これで間違いなくOKです

そしてそのまま駆動系以外を注視したテストランに移行します
おや??
駆動系の異音が消えて、その他の異音が気になります。。。
排気漏れをしているようです
それ以外は特に問題なし
早速工場に戻り排気漏れの修理に入ります
DSCN1574.JPG DSCN1575.JPG

原因はマフラーのジョイントガスケット
画像の様に1部が潰れ、そこから排気ガスが漏れていました
DSCN1580.JPG

おや?YAMAHA?
当店ではベスパ純正よりも長持ちする、このヤマハのガスケットを使っています
丈夫で安い、良い事しかないこのガスケット、お勧めです

排気漏れも直り、続きを見ていきましょう
車検が無い250ccのオートバイ、忘れがちなのがブレーキフルード交換
定期的な交換が必要です
水分が混入した場合、ブレーキの熱で沸騰、気泡が発生し、最悪ブレーキがきかなくなります
とても重要な液体です、今回はもちろん交換します
DSCN1539.JPG

そしてもう1つ大切な液体
エンジン冷却水
今回はだいぶ水量が減っています
全体を見渡し漏れている形跡は有りませんが、今後も要確認とお客様にはご説明致します
液量を補充調整
DSCN1537.JPG

冷却水関連で大切な事、電動ファンの作動も見ていきます
DSCN1551.JPG  DSCN1546.JPG
これには色々な意味があります
まずはファンが適切な水温で回る事
水温上昇で膨張した冷却水が漏れない事
膨張した冷却水でホースが異常なふくらみをしない事
耐圧キャップがリークしない事
と、実は点検項目は沢山あります
やはり今のところ漏れなど異常は有りません
次回オイル交換時水量が下がっていればさらに精密な検査に移行したいと思います

後は全体的な確認、各部増し締め、可動部分の確認と給油、タイヤのエア圧など基本点検を完了させ
今回の作業は終了です

この度はご用命頂きありがとうございました
これからも安全に長く乗って頂くためにも、定期的な点検にお預けください

このページをご覧の方も、点検のご相談いつでもお待ちいたしております