▼MotoVillage (モトビレッジ) lifeの記事一覧

お盆、元気に営業しております!!

2018年8月11日
お盆初日の本日 
店頭展示開始した、Vespa LX125ie 
オークション終了を前に 店頭にて売約となりました! 

誠にありがとうございます。 

当店ではバイクだけではなく、ご家族で楽しんで頂ける 
ミニカーや木のおもちゃも販売しております。 

鎌倉へお越しの皆さま! 
是非お立ち寄りください!! 

心よりお待ち致しております

※ミニカー、木のおもちゃをご覧になりたいお客様は、12,13日となります。
14日火曜日は定休日、15,16日はバイク部門のみとなりますのでご注意下さい


Vespa LX125ie おすすめ中古車 オークションスタートです!!

2018年8月 5日
先日ご案内しました
おすすめ中古車のVespa LX125ie
委託販売オークション!スタートです!!

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g283420364

DSC_9224.jpg

折り畳み式フロントキャリア
折り畳み式リアキャリア
タンデムにとても便利なバックレスト
サーフラック(サーフボードキャリア)が装着されています。
このサーフラックは工具無しで途中から取り外せ、
普段の走行もしやすく6角レンチ1本で完全に取り外す事も可能です

最近法改正がされ大変取得しやすくなったオートマ限定小型2輪免許
タンデム走行可能で尚且つ維持費はリーズナブル

車体はモノコックフレームでとてもしっかりとした乗り味
そしてなにより『おしゃれ』

今回お客様の委託販売となります。

8月10日まではお客様まだ使用するとの事ですが10日午後には店頭で展示します

お問い合わせお待ちしております!

オートマベスパでは1番人気、LX125ie中古車のご紹介!!

2018年8月 2日
最新ニュースです!!
維持費も安く、タンデム可!
人気の125ccオートマベスパ
LX125ie絶好調のインジェクションモデル
フロントキャリア、リアキャリヤ
タンデム安心のバックレスト
そしてなんとサーフラックもついた車両が
今週の日曜日からオークションスタートです!
委託販売なので車両はまだ預かっていませんが
10日からは店頭展示開始します。
その前にでも気になる方は
お気軽にお電話メールお待ちしております!!
オークション開始前でも商談受付中です!!
DSC_9224.jpg

8月です!皆様の夏休みに向けて

2018年8月 1日
毎日暑い日が続きますが、皆さま体調などいかがでしょうか。

この時期はあまりの暑さに、ミニカー、木のおもちゃ売り場は少々静かです
そのかわり!
バイク販売整備は大忙し、お盆前に納車の売約車整備があと3台
何とか仕上げたいと思います!!

お盆前の金曜日、納車最後の整備日として工場のみとさせて頂き
お盆翌週は当店夏休みを頂きます

20180801.JPG

その後もご予約整備待ちの車両はまだありますので
なるべく早いご案内を目指し、毎日進めておりますので
もう少々お待ちください


夏です!夏を感じるミニカー入荷です!!!

2018年7月21日
夏真っ盛り
鎌倉の海は大変多くの方がお越しになっています

夏と言えば海!バイク!ミニカー!?でしょうか

バイク部門はパンク寸前、沢山のご依頼を頂き、毎日作業進めております

本日出荷させて頂いた車両で一旦区切りが付きましたが
明日からは次の作業に入ります!

ミニカー部門も夏らしいアイテム入荷です
当店大人気、お子様向けプルバックカー
とは言うものの、大人買いする方続出のアイテム

本日は夏の湘南にぴったりの2台をご紹介

即売り切れの予感しますね

DSC_8990.jpg

DSC_8984.jpg  DSC_8987.jpg
DSC_8985.jpg  DSC_8988.jpg

モトビレッジからビッグニュースです!!

2018年7月 6日
モトビレッジはとても小さな整備工場
にも拘わらず、大変多くの修理、整備、カスタムのご用命を頂いております

最近では、新車、中古車の販売もとても好調で、大変忙しく過ごさせて頂いております

お客様が増えるとそれに比例して増えるリスクに備え、
盗難保険&ロードサービスにご加入頂ける準備が整いました

当店以外でご購入のバイクももちろんご加入可能です

店頭やお電話、メールにてすぐにお見積り致しますので、お気軽にお声掛け下さい
※車種、年式、車体番号、ナンバープレート情報をご用意お願い致します

zuttoraide.png

ホンダジャイロX、夏 間に合います!

2018年6月11日
ジャイロカスタムベース車両のご紹介!!
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h321092595

【ジャイロ側車付き軽二輪】で検索して下さい

現在は原付2種登録です
登録方法は
原付
原付2種
ミニカー
側車付き軽二輪
各ご相談承ります

画像のまま乗るもよし!
ペイントやカスタムをして乗るもよし!

なんでもご相談下さい

DSC_8039 - 1.jpg

現状ベース車両として98,000円スタート
登録内容や、カスタム内容によって別途費用はご相談ください

当店作のカスタム事例はこちら
IMG_20171122_003320_603.jpg

DSC_2466.jpg  DSC_2467.jpg

DSC_8125.jpg  DSC_8129.jpg

全ての操作フィーリング、ボディー共に完璧な1台!!

2018年6月10日
まるで新車、あるいはそれ以上に綺麗なVespa 50s
このベスパにただならぬ愛着を持つオーナー様
今回はエンジンをフルオーバーホール
スピードレンジは格段に上がり、滑らかな操作感のクラッチ、シフト
最高に乗りやすい車両が出来上がりました

DSC_1703 -2.JPG

なぜそんなにも深い思い入れをお持ちかといえば
※他にも困っている方がいたら修理できる事を紹介したいと、オーナー様の許可を頂いております
都内のベスパ専門店で購入された車両
ご自宅近くでメンテナンス工場をお探しとの事で来店されました
整備計画や今後の展望など色々と打ち合わせしていた、そんな時
ちょっとした不注意で転倒してしまい、ボディーやフロントフォークに
大きなダメージを負ってしまいました

14440865_1132407046835043_311974526857743626_n.jpg  14040097_1106266529449095_8893232687588933304_n.jpg

修理するか乗り換えるか、考えに考え抜いて出した答えは修理
そこから当店で全て分解
ベスパにしっかり対応できる提携の塗装工場へボディーを持ち込み
フロントフォークその他損傷個所を部品交換

14333749_1.jpg

見事に新車の様に復活しました

14610963_1157444840997930_8644154291007767826_n.jpg

オーナー様の愛着はより深まり、それは運転にも反映され
今となっては転倒も思い出
一連の整備、カスタムはお客様の想いの集大成ともいえる仕上がりを目指し
行わせて頂きました

ご本人よりご感想を頂いております
https://www.facebook.com/yoshimitsu.ichinohe/activity/996377577158246


話は本題に戻り、今回行った作業をご紹介いたします

DSCN3554.JPG  DSCN3556.JPG

早速エンジンを降ろします

全ての部品を分解し、検品、必要な部品を手配します

DSCN3559.JPG  DSCN3562.JPG

次に部品の洗浄です
洗浄はエンジンオーバーホールでとても重要な工程です
想定外の不良を見つける事や、完成後のオイル漏れの確認には
絶対不可欠な工程となります

DSCN3565.JPG

ここまでの作業は手早く済ませ、じっくりと組み立てに入ります

まず一番初めに組み込むのはクラッチバスケット
1次減速比変更です
ここに付くギアの歯数は非常に重要です
クランクシャフトのエンジン回転を、どこまで減速しミッションに伝えるか
最初のギア比の選定を間違えると、このさき行うカスタムを
全く生かせません

DSCN3569.JPG

次に駆動が伝わるミッションの組み込み
今回のメインともいえる作業です
ベスパのハンドシフトは車体個体差があり、軽い車両もあれば
硬い車両もあります
今回は、軽い個体の更に上をいくフィーリングを目指します

ドライブシャフトはF.Aイタリア製を使います
左がノーマル、右がF.Aイタリア
違いは明確ですね

DSCN3579.JPG  DSCN3578.JPG

シフターがスライドするレールは綺麗に切削され
スムーズな動きが想像できます
それともう一つ、色の違いにお気づきですか?

先ほどの画像をもう一度
全ての部品が鈍い銀色に
これはWPC処理が施されております

ここで少しWPCについてお話
WPC処理
 Wide Peening and Cleaning=幅広く 打ちつけて 清掃する 
非常に小さな粒を、均等かつ適切な圧力で打ちつける事で 
金属の表面を均一に堅く、しかも粘り強い状態に変えます 
そして粒を打ち付ける事で出来た微細なへこみ1つ1つが 
オイル溜まりとなり、潤滑性を向上し
大幅にフリクションを改善することができます 

このWPC処理されたドライブシャフトに合わせるのは
同じくWPC処理された、シフトセレクターです

左がノーマル、右がWPC処理された社外品

DSCN3574.JPG  DSCN3573.JPG

先ほどのスライドレールと同様、綺麗に切削された社外品に交換
どちらも綺麗に切削してWPC処理をしていますから
シフト操作が軽くスムーズになる事は予想できますね

DSCN3571.JPG

それでは、このスムーズに動くシフターに合わせるミッションギア
今回チョイスしたのは125ET3用、クロスミッションです
50Sノーマルのギア比は3から4速がワイドレシオになっており
3速を少し引っ張り気味にしてから4速へ変速しないと
回転の落ち幅が大きく上手く加速出来ない事があります
しかしこのクロスミッションでは、3速から4速がクロスレシオ化された
ショートレシオになっており
その変速加速が非常に良いフィーリングになります

DSCN3580.JPG  DSCN3581.JPG

そしてもちろん4枚ともWPC処理
ドライブシャフトとの摩擦軽減、そしてWPC処理のもう一つの効果
表面硬度を上げることで、シフターとの当たり部分の摩耗を
抑える効果もあります
シフターもWPC処理済ですので、摩耗ギア抜け症状を防止できます

ギアを組み込み、ここでクリアランスを確認します
調整はシムの厚さで行います
WPC処理をしたギアは、このクリアランスをやや少なく組めるので
確実なギアの入りを作り、ギア抜けを未然に防ぐことが出来ます

DSCN3582.JPG  DSCN3584.JPG

ミッション組み込み最後に、対となるインプットシャフトも交換します
もちろんこちらもWPC処理
フリクションは減り、摩耗を抑えます

DSCN3586.JPG

これでミッションの工程は完了
各部ベアリングの作動、ガタを再度確認し次の作業へ進みます

クランクケースを分解した時、絶対に行いたいのは
このクランクシャフトオイルシール、クラッチ側の交換です
2サイクルエンジンにとって、このクランクシャフトオイルシールは
始動から、エンジンの調子全てに影響する、大変重要な部品です
クランクケース分解時が交換の唯一のチャンスとなります

DSCN3585.JPG

そして、このタイミングでしか交換できない
Oリングやキックブッシュも忘れずに交換しておきます

DSCN3568.JPG  DSCN3589.JPG

今回のエンジン、距離は少なく各ベアリングには全く問題無し

慎重にクランクケースを合わせ、組み立てをしていきます

DSCN3588.JPG

クランクシャフトオイルシールフライホイール側の交換は比較的容易です
今回もちろん交換します

DSCN3853.JPG

それでは次の工程シリンダーパーツの組み付けに移行します

ここでピストンをご覧ください
例によってWPC処理済みですが、ここまでのパーツと色が違います
こちらの車体は既にRMS製の85ccキットを組み込んでいたので
ピストン径こそ大きく変わりませんが見た目は明らかに異なります

DSCN3592.JPG

このグレーに変化した場所は、モリブデン粒子が打ち込まれています
WPC処理により表面硬度を上げることで、
ディンプル化した表面には油溜まりが出来ます
そこに摩擦抵抗を低くするモリブデン粒子を打ち付けることで
WPC&ハイパーモリブデンショット処理を施したグレー色となります
どの様な効果が有るかは想像できますね
フリクションが大幅に減少することで性能向上し、
そして何より焼き付きにくいエンジンにすることができます
今回はこの処理をピストンリング、ピストンピンにも施しました

DSCN3593.JPG

ピストンを組み上げたら、次はシリンダーです
今回のキットはポリーニ102ccキット
ポート形状、燃焼室の仕上げ処理、スキッシュエリアの形状
どれも、しっかりとパワーを出すことが考えられていますね

DSCN3594.JPG  DSCN3601.JPG

今回のコンセプトは
街乗り快適性を最高の物にする』です
ベスパのエンジンは、追及すればまだまだパワーは上がります
しかし加工方法や、部品チョイスを誤ると
その特性はお客様のご要望に合わない事も発生しますので
慎重に組み合わせていきます

ここでも大切な工程があります
キットはそのまま組むことは厳禁
ピストンリングギャップの調整とポートの面取り処理を確実に行います

DSCN3598.JPG

ピストン、シリンダーを組み付け、ベースナットを締めた段階で
ピストン上死点をマーキング
正確な点火時期の調整には絶対に欠かせない工程です

DSCN3599.JPG  DSCN3600.JPG

最後にシリンダーヘッドを組み付け、シリンダーキットの工程は完了です

それではエンジン最後の工程、クラッチ組み付けに入ります

ベスパスモールのクラッチには色々な組み合わせ、考え方があります
今回当店では3枚クラッチ、強化スプリングの組み合わせをチョイス
その理由は、今回セットした1次減速、2次減速の組み合わせ、
そしてチョイスしたシリンダーキットの特性
ピーキーな特性になるような過剰なカスタムを行わないセットアップ
そして使うクラッチスプリングの選定から、クラッチ板は3枚にしました
コンセプトの『街乗り快適性を最高の物にする』に従い
クラッチの切れを大切にしました
かといって今回の3枚組み合わせは、クラッチが滑る事も一切なく
まさに快適、完璧なクラッチフィーリングです

DSCN3603.JPG

そのクラッチフィーリングはいかにして作られるか
それは丁寧な下処理にあります
クラッチプレートのバリ取り、ひずみ取り
バスケット、プレッシャープレートも同様バリ取り、段付きもしっかり削って慣らします
そして何より、日本製の強化クラッチスプリング、このスプリングのフィーリングは
他のどのスプリングとも比較になりません
安価な強化スプリングはクラッチを握った時に斜めに縮む事が有り
クラッチプレート全面がうまく離れない事で
切れ不足、シフト不良を発生させています
しかしこのスプリングにはそれが無く、もちろん圧縮も均等なので
3枚クラッチでも滑らないという特性になります
そもそも125ET3は、3枚クラッチにスプリング2本という組み合わせ
よって上質の強化スプリング1本と3枚クラッチで十分という事になります
4枚でないと滑る車両は、一度全ての組み立てを見直してみるのも良いと思います

オイル漏れを起こしている車両も多く見かける、クラッチレリーズシャフトのOリングも交換を忘れずに

DSCN3613.JPG

DSCN3604.JPG

DSCN3606.JPG  DSCN3614.JPG

クラッチを組んで、始動可能になったエンジンを車体に乗せ
ミッションオイルを入れ、点火系の整備に移行します

IMG_0314.JPG

ポイントの研磨、清掃、ギャップ調整
先ほど行った上死点マーキングから点火時期を算出
タイミングライトを使いながら正確に点火時期を調整します

DSCN3626.JPG

ここまででエンジンで出来る快適性向上策は全て完了です

後は車体操作側で何が出来るでしょうか

まず行うのはワイヤー交換です
アウターワイヤーも同時に交換
しかも使用するアウターワイヤーはテフロンライナー入りを使用
この組み合わせも一度使って頂ければその良さを実感できると思います

DSCN3607.JPG  DSCN3609.JPG

交換したインナーワイヤーの末端も丁寧にハンダ処理でほつれ止め
しっかり整備された車両はここからほつれる事なく
切れ防止にもなり、見た目も綺麗です

DSCN3624.JPG

ワイヤー交換最後の要、ワイヤーの遊び調整です
遊びは少なすぎるとシフトフィールは渋くなります
逆に多すぎると、感触が悪く、気持ちの良いフィーリングとはなりません
時間をかけてベストを追及しています

DSCN3616.JPG  DSCN3617.JPG

ハンドル可動部分のオーバーホールも忘れずに
今回の車両は以前行ってあるので、画像は別の車両です

20151023_141912 (1).jpg

ハンドシフトの作動部分を全て分解、しっかりと清掃とグリスアップ
この工程も行うか行わないかで、フィーリングは全く別物になります

全ての作業を通しでご説明すると
1次減速比変更
2次減速比変更
3,4速間クロスレシオ化
シフター関連パーツ交換及びWPC処理
ミッションギアWPC処理
各オイルシール、ガスケット、Oリング交換
102ccキット組み付け
ピストン周りWPC処理
クラッチオーバーホール、国産スプリング使用
テフロンライナー入りアウターワイヤーへ交換
インナーワイヤー交換
点火系メンテナンス
最後に試走しながらキャブレターのセッティング

DSCN3632.JPG  DSCN3635.JPG

ミクスチャースクリューをデジタルタコメーターで正確に調整
走行フィーリングとプラグの色を見ながらメインジェットを選定

DSCN3648.JPG

DSCN3650.JPG  DSCN3640.JPG

狙うのはほんの少し濃い目
様子見期間では薄いセッティングは厳禁
完璧な焼け色です

DSCN3645.JPG

DSCN3646.JPG  DSCN3647.JPG

キャブレターも16mmから19mmへ変更、
エアクリーナもポリーニのスポーツファンネルへ交換済み
もちろんこの組み合わせもしっかりとパワーアップに貢献しています

DSCN3651.JPG

ここまで行って調子が悪い事は考えられません
その運転フィーリングは最高の一言です
ノーマルでは1速は発進の一瞬しか使わず、2速、3速はそれなり
4速で変速を早まると回転が下がり過ぎうまく加速できない
最高速は頑張って55-60km/hといったところでしょうか
それがなんと!
1速ですでに30km/hを超え!
2速で50km/hも楽々、3速もまだまだしっかりとした加速感
そして何より4速に入れても回転が下がり過ぎません
102ccのトルクも活かされ、低回転での巡行からの再加速も4速のまま可能

出荷後お客様からは、ベスパってこんなに走るんですね!!
しかもギア操作で気になる事が無くなりました!!!
とにかく凄いです!!!!
と感動のお電話を頂きました

その他Vespa スモール系で多い故障修理
色々ご対応致しております
各コイルのハーネス被服不良張り替え
ハーネスグロメット切れ交換
この辺は特に多いですね

DSCN3848.JPG  DSCN3847.JPG
DSCN3852.JPG  DSCN3854.JPG


その他作業事例こちらにもご紹介しております
宜しければご覧ください



気になる事はまずご相談ください
対策したい内容
目指すフィーリング
ご予算
全てのバランスを考え、内容を選定しご紹介いたします
お気軽にお問合せください

素晴らしいイラストポスターの入荷!

2018年6月 8日
本日も素晴らしい作品が入荷しました

岡本正樹 氏 作
イラストポスター

DSC_8172.jpg

DSC_8175.jpg

独特の繊細なタッチで描かれたバイクや車
機械の質感、美しいボディーラインが写真とは違った魅力で表現され
とても特別な1枚に仕上がっています。

額装する事でその魅力は最大限に

DSC_3841.JPG

イラスト枚数は700枚以上
父の日が近い本日ですが、まだまだ製作は間に合います!
特別な日に、特別な1枚を下記よりお選びいただけます

ご紹介及びオーダーフォームはこちらにご用意いております。
岡本正樹氏が残したその1枚、是非一度ご覧ください!!

http://motovillage.jp/masaki-okamoto.html

大型タペストリーもショーウインドーにて展示しております

DSC_8176~01.jpg

6月1日のお知らせ

2018年6月 1日
アッと言う間にもう6月です
皆さまのおかげで、毎日忙しくさせて頂いております。

梅雨も近い週末、予報は晴れ
新車、中古車、修理車、カスタム完成車、車検車と
今週末の納車が大変多く
本日6月1日金曜日
物販側のご対応を午後5時までとさせていただきます
工場側で出荷準備をしておりますので、御用の方は
お気軽にお声掛け下さい
※試走に出ている場合もございます、不在時は10分ほどお待ちください

ご迷惑お掛け致しますが宜しくお願い致します

DSC_7653.jpg