トモスの新車は安心整備の当店にお任せ下さい!

2016年7月11日
モトビレッジで行います、【トモス クラシック プレミアム】の新車整備をご紹介いたします
オランダ製のトモスは現地工場で仮組された状態で輸送され
当店にて、お客様に安心してお乗りいただける様、最終組み立てだけではなく
各部の再確認を行いご納車させて頂きます

IMG_0607_2.JPG

ここでは入荷から、準備完了までをご紹介いたします

輸入元に注文を入れると、この様に箱に入ったトモスが到着します

IMG_0516_1.JPG  IMG_0517_1.JPG

箱を開けると待ちに待ったトモスが姿を現します!
(輸入元に在庫のあるカラーでしたら約1週間で入荷します)

IMG_0519_1.JPG  IMG_0520_1.JPG

ここでしっかり傷などを確認し、問題が無ければ、いよいよ車体をリフトへ移動し組み立て、各部確認に入ります

IMG_0522_1.JPG

まずはハンドルを仮組みした後、灯火類の取り付けからはじめて行きましょう

ウインカーは付属品として箱に入っていますので、取り付けを行います
配線は長く、端子に絶縁カバーも無い状態ですので、適切な長さにカットし
絶縁カバーの取り付けと、新しい端子を圧着します

IMG_0526_1.JPG  IMG_0527_1.JPG
IMG_0528_1.JPG  IMG_0529_1.JPG

IMG_0530_1.JPG

各処理を行ったウインカーを車体に組み付け
リアとテールランプも同様に組み付けます

ブレーキスイッチのハーネスも組み付け、各ハーネスの取り回しを確認

IMG_0525_1.JPG

少し張り過ぎの様ですので、フレームのハーネスカバーを外し、ゆとりを増やしておきました

IMG_0532_1.JPG

バッテリーを搭載していないトモス
灯火の確認の前に、エンジンを始動出来る準備に移ります
今回のクラシックプレミアム最大の特徴、分離給油!
ガソリンにエンジンオイルを混合する必要が無く、とても便利になりましたが
その分しっかりとした点検が必要になりました

IMG_05390709.JPG

まずは分離給油ですのでリアキャリアの下に備えたオイルタンクにエンジンオイルを入れます
メーカー保証を受ける為、指定オイルのPennzoilを入れてます
当店ではPennzoil、MOTUL、Mobilのエンジンオイルを準備しております
保証期間経過後はお好みのエンジンオイルをお買い求め下さい

オイルを入れた後はガソリンを入れ、始動したいと思いますが
ここで注意!!
分離給油ですので、もちろんオイルは混合しないと考えますが
もし自動混合システムに異常が有ったら??
そこで極薄めの混合ガソリンを極少量入れての始動確認を行う事が大切です

自動混合側の確認に移ります
ここまで来ても、まだまだエンジンを始動してはいけません

先ほどオイルタンクに入れたオイルは、オイルホースを伝ってオイルポンプに行き
オイルポンプから突出したオイルはオイルホースを伝ってマニホールドに突出します
もちろんその通路にエア噛みがあっても、オイルホースに折れがあっても
オイルポンプが作動していなくてもエンジンは潤滑されず、即トラブルとなります

今回の車両はどうでしょう
オイルホースにエア噛みしてます
オイルホース折れてます

IMG_05230709.JPG  IMG_05240709.JPG

こういった所もしっかりと点検し対策を行うのが大切です

ここでまず行うのはオイルタンクからオイルポンプのエア抜き
オイル気泡を一緒に流してしまいます
IMG_05400709.JPG  IMG_05340709.JPG
次にオイルホースの折れを修正
取り回しも確認して組み立てます
最後にオイルポンプからマニホールドのエア抜きです

ここで初めてエンジンを始動しますが、先ほど薄い混合ガソリンを入れたので
オイルポンプの作動を確認しながらエンジンを始動する事が出来ますが、確認事項はもう一点
トランスミッションオイルです

IMG_05540907.JPG  IMG_055500709.JPG

このオイルの確認不備もエンジントラブルの元
しっかり入っているかの確認と必要であれば補充します
ミションオイルも指定オイルのバルボリンで調整します

今度こそエンジン始動!
っとその前にトモスの特徴でもある、サイクルペダルを組み付けます

IMG_05940709.JPG

モペットはサイクルペダル兼エンジンスターターですので
これが無くてはエンジンを始動できません!

今度こそエンジン始動
オイルポンプの作動は全く問題無い様ですので、ゆっくり気泡が移動し
マニホールドまで気泡が行ったところでエア抜き完了です

IMG_05330709.JPG  IMG_05470709.JPG

ガソリンタンクに通常のガソリンを継ぎ足し、アイドリング調整、吹け上がり確認
各灯火の点検を行います
ヘットライト OK
テールランプ OK
ブレーキランプ OK
右ウインカー OK
左ウインカーが NGです

IMG_05430709.JPG

右はOKなのでリレー、リレーからウインカースイッチ入力までは問題無い事は確実です
という事でまずはウインカースイッチを点検

IMG_05420709.JPG  IMG_05450709.JPG

異常無し
スイッチ出力からのハーネスを点検
カプラーから端子が抜けていました

IMG_05440709.JPG IMG_05920709.JPG
IMG_05500709.JPG
その他のカプラーも全て確認して、ウインカーの点灯、点滅もOK
ここでエンジン始動、灯火類の確認が完了です!

次に見ていくのは車体関係の確認調整です
まずはホイルスポークを1本1本丁寧に確認、緩みが有れば締めつけますが、
振れにも気を付けて確認していきます

IMG_05360709.JPG  IMG_05350709.JPG

次にドライブチェーンを調整
張り過ぎ、緩み過ぎが無い様にします

IMG_06020709.JPG

そして車体全体を増し締めして車体の確認も完了です

IMG_06030709.JPG  IMG_06040709.JPG

その後は今回ご注文頂いたオプションパーツの取り付けです

IMG_05990709.JPG  IMG_06000709.JPG

安心の鍵付きガソリンキャップ、お出かけ先で便利な鍵付きヘルメットホルダーを
ご用意させて頂きました

ナンバーの取得も代行させて頂き、もちろん自賠責保険も当店で加入可能です

IMG_05950709.JPG  IMG_05960709.JPG

各部をしっかり磨き、自慢のホワイトウォールタイヤも真っ白に!

IMG_06060709.JPG

最後の最後にテストランをさせて頂き、お客様にお渡し準備が完了です

IMG_0607_2.JPG

当店のトモス新車販売は安心安全整備付き、メーカー保証もついてこれまた安心

店頭にはトモスクラシックプレミアム、トモスクラシック1を展示して
お客様のご来店をお待ち致しております
お話だけでも構いません、お気軽にご来店、お声かけ下さい!
心よりお待ち致しております