部品の輸入から交換作業まで、トータルでサポート

2017年12月16日
BMW R1100Sのハンドル交換を行いました

DSCN2811.JPG

2017年で私の整備士経験も23年
小排気量から大排気量
国産、外車様々な車両の整備を行ってまいりました

BMWも数多く経験しており、専用テスターなど当店では不足もございますが
ご対応出来る事は沢山ございます

今回の作業もその一つ
ハンドル交換です

なぜハンドル交換が当店ご依頼になったか

それはドイツからの部品を当店で輸入をさせて頂き、そのまま取り付けも行ってしまうという
どこの店でも出来るわけでは無い内容だからです

輸入ホビーも扱う当店にとって、部品の輸入はお手の物

問い合わせ、注文、決済、輸入手続き、検品、トラブルが有った場合の対処
全て熟知しております

そこに整備経験豊富とくれば、確かに選択肢は当店になるのかもしれませんね

今回はまずアップハンドルにしたいというご相談を頂き
部品のお探し、ドイツの部品メーカーへ内容確認と質問
お見積りの後、注文や決済、到着後の検品など全て当店で行いました

DSCN2811_1.JPG

その後お客様より車両をお預かり
国産車とは違う構造の部品を分解し、ハンドルを取り外し
バーハンドルキット内のブレーキホースを交換
ワイヤー関連の取り回しを変更
そして組み立て

DSCN2794.JPG  DSCN2797.JPG

DSCN2798.JPG  DSCN2796.JPG

作業を誤ると断線させてしまう事も有るグリップヒーターも
適切な作業を致します

DSCN2805.JPG  DSCN2807.JPG

品質も良く、角度も非常に良いですね

DSCN2804.JPG

ハンドルをいっぱいに切った時のスクリーンやタンクカバーとのクリアランスも確保しながら
とても乗りやすくなりました

before 
DSCN2793.JPG


after
DSCN2802.JPG

バイクに乗っていて気になる事は、まずご連絡下さい

当店で可能な限りご対応致します
相談だけでも大丈夫です
いつでもお気軽にご連絡ください