『バイク』.bmp  20150727_123944.jpg

こちら、1979年式のホンダモンキーです
当店にて、タンクは通勤用にゴリラに変更、
ロータリー3速自動クラッチエンジンから、リターン4速、レバークラッチのダックスにエンジンを載せ替え
そのエンジンをボアアップしパワーアップ、現在でも鎌倉の街を快適に通勤しています!

今日はオイル交換を含めた点検です。

まずはドレンボルトからオイルを抜き取り
ドレンボルトをトルクレンチでしっかり締めつけていきます
古いエンジンはオーバートルクは厳禁!、すでにネジ山が傷んでいる場合は
閉めた時の感覚で分かりますが、それを見逃しても大変です、しっかり確認しながらの作業です
20150727_124154.jpg  20150727_124411.jpg  20150727_124423.jpg

当店では通常こちらのモチュールオイルを使用しています。
モチュールの中で、整備工場向けの、スタンダードオイル、モチュールなのにリーズナブルにオイル交換が出来ます!
その他のハイグレードオイルも取り扱いは可能ですので、何でもご相談下さい
20150727_124915.jpg  20150727_125055.jpg

タイヤエアの調整、チェーンの調整、給油と進んで
20150727_125606.jpg  20150727_130313.jpg  20150727_150325.jpg

スパークプラグ、エアエレメントの清掃です
20150727_130954.jpg  20150727_131030.jpg  20150727_131652.jpg

そしてこの車両で忘れてはいけない、点火系のメンテナンス
現代車と違って、ポイント点火式のこのエンジン、定期的にメンテナンスが必要です。
ポイントチップを清掃し、ギャップを調整、タイミングライトを使って、点火時期の確認をします
必要であれば点火時期の調整をします
20150727_132455.jpg  20150727_132519.jpg  20150727_132953.jpg

前後のホイルの稼働確認、ステアリングの稼働確認、ブレーキの調整、灯火の確認などを行い、
最後に各部の確認、増締めで完成です!

日常メンテナンスのご相談、いつでもお待ちしております